電磁波防止

パワーストーンと誕生石の違い

パワーストーンにも花などと同じように誕生月によって意味付けられている誕生石というのがあります。
これらは生まれた月と関係がある石であり、元々は聖書から守護石として扱うようになったといわれていますが、アメリカから発祥し今ではイギリスなどをはじめ、日本でも定められています。
誕生石は世界統一ではなく国によって多少違いがあるようですが、月ごとに意味や由来があります。

生まれた月はその人の一生を左右すると昔から言い伝えられてきており、古くから魔除けや守護石として使われてきました。
このようなことの名残から今の誕生石があるのです。
近年では誕生月のみならず、366日に振り分けられた誕生日のパワーストーンもあります。

自分の生まれた月や生まれた日のパワーストーンを身につけると守られているように感じる方もいるでしょう。
生まれた月と石はやはり関係があるといわれており守ってくれる力が強く出ると言われています。
パワーストーンにまつわる効能は保証されているものではありませんが、ご自身がインスピレーションを感じて選んだものや誕生月など関係した石を身につけることは愛着もわきますし自然と大切にしたくなるものですので、石も波動を感じエネルギーをもたらしてくれるのではないでしょうか。

自分の生まれた誕生石を身につける方が多い中、最近では12カ月分の全ての誕生石を揃えて、月ごとに付け替えている方もいるようです。
このような方法も毎日のファッションのように月ごとに気分を変えられて良いかもしれません。

こちらにはパワーストーンに関わる資格が紹介されています。
近年ブームのパワーストーンなので、これからどんどんパワーストーンに関わる資格の需要が高まるでしょう。

このページの先頭へ