電磁波防止

パワーストーンの効果は値段に関係ある

パワーストーンの効果と価格は比例しません。
では、なぜ価格に違いがあるのかということになりますが、パワーストーンは宝石でもあるからなのです。
つまりパワーストーンを宝飾品としてみるか、パワーストーンの効果としてみるかの違いなのです。

大きなストーンや見た目が美しいものは値段も高くなります。
透明度、サシと呼ばれる不純物がはいっていない、キズがないものはそれだけ価格が上がるのです。
逆に価格がお手頃なものや安いものはサシが入っていたり、透明度が低くキズがあるものが多くなります。

しかしながら、それが効果にも影響するのかというと全く関係がありません。
安いものでも魅力的なパワーを秘めているものも多くあります。
宝飾品として見た目を重視して選ぶならば高いものを買うとよいでしょう。

効力を重視して選ぶならば価格は気にせずにご自身の直感やフィーリングなど波動と合うパワーストーンを選ぶようにすることが大切です。
それでも高価なものが売れているのは見た目も重視する方が多いということと、高いものを購入するとそれなりに大切にし愛着もでるため、価値以上に気持ちの方がパワーストーンに大きな影響があるといえます。
安いものでも思い入れの強いものであれば影響力はプラスになります。
高くても安くても粗末に扱えば価格に関係なく効力はなくなるのです。

このページの先頭へ