電磁波防止

パワーストーンと宝石はどう違うの?

パワーストーンと宝石は基本的には同じものと考えてよいでしょう。
パワーストーンも宝石もファッションの一部、ジュエリーとして使用している方も多くいます。
このふたつの大きな違いとは、希少価値の高さ、硬度の高さ、美しさ、耐久性です。

宝石は上記の全てが高いものであり、その中でも財産的に価値の高いものを「貴石」とよび、それ以外のものは「半貴石」と呼ばれています。
宝石として扱われるものには鑑別証が発行できます。
長い年月をかけても品質が衰えないものであり、美しく、硬い耐久性のある石が宝石になります。

また加工の技術も難しくなることから、価格も高くなります。
希少価値が高くても美しくなければ宝石には向かないのです。
逆にパワーストーンは天然石の美しさや希少価値よりも、その石の効果が重視されます。

このような点から違いはありますが、宝石もパワーストーンとして使用することは、もちろん可能です。
しかしながら価値の高いものを普段使いとしてパワーストーンのように日ごろ頻繁に着けるということは一般的に出来な傾向にあります。
結婚指輪のダイヤモンドであったり効果な石の場合は特別な日に身につけるという習慣ありますので、パワーストーンとして効果を期待する場合には宝石を使用している方は少ないかもしれません。
パワーストーンには高価なものから安価なものまで幅広い種類があります。
また、お店ごとに価格が違ってくることもあります。
こちらではパワーストーンの種類ごとの平均価格が紹介されています。
初めのうちはこちらの平均価格を参考にして購入してみてはいかがですか?

このページの先頭へ